鼻中隔延長

上に上がっている鼻先を下げたり、低い鼻先を高くしたい方に適した鼻整形

鼻中隔延長術は、鼻中隔(鼻腔を左右に仕切る壁)の先端に軟骨を移植して延長し、鼻尖(鼻先)を前下方に押し下げることで、上向きの鼻や短鼻を改善・予防する治療です。

鼻中隔とは、鼻腔(鼻のなかの空間)を左右に仕切る壁のことをいいますが、この壁の中にある軟骨を鼻中隔軟骨と言います。 この鼻中隔軟骨に様々な軟骨を移植してこの壁を延長し、鼻翼軟骨を縫いつけて固定するのが鼻中隔延長術です。そのため、鼻尖縮小術は必ず併用することになります。 延長するための軟骨を縫い付ける角度を調整することで、鼻尖を下げたり、少し高さを出したりすることが可能です。

治療概要

鼻先に軟骨を移植することによって鼻の長さ角度を延ばす手術です。上向きの鼻や短い鼻、豚鼻を長く綺麗に整えたり、鼻の穴が見えやすい方や鼻の下が長く見えて悩んでいる方に向いています。

傷跡への配慮

傷跡の仕上がりに細心の注意を払うだけでなく、美しさの持続期間にもこだわっています。 繊細な手術を可能にする微細な器具を駆使しており、内出血や組織の損傷を最少にするためオプション料金なしで全例にRFメスを使用いたします。

RFメス

RFナイフならではの微細な切開・凝固
過剰な熱変成が抑えられ、組織損傷の少ない微細な切開・凝固を可能にします。
RFナイフは焦げにくい
一般的に細胞の蛋白質は、60~100℃程度で組織凝固が発生し、90~110℃以上で蒸散(切開)が起こると言われています。
サージトロンは、4.0MHzの高い周波数により、より少ない出力で狭い範囲に熱を集中させることができます。
短時間の温度上昇を生み出すことで、炭化組織を少なく抑えることができます。
RFナイフだから安心
1989年のサージトロン発売以来、対極板による熱傷事故の報告はありません。

痛みについて

当院では術後の痛みを極力抑えるために、術後72時間痛みを抑える「エクスパレル」という麻酔をご用意しております。 「エクスパレル」を使用することで、痛みが最も出やすいとされる、手術後72時間の痛みを抑えることができます。

エクスパレル

「エクスパレル」は、米国PACIRA社製で2011年にFDA認証された局所麻酔です。 有効成分をリポソームと呼ばれるナノカプセルに含有する事で少しずつ薬剤が放出され、鎮静効果が72時間持続します。

このような方にオススメ

  • 鼻が上向きな方
  • 鼻が短い方
  • 鼻先に高さや長さが欲しい方
  • 鼻の穴が見えやすい方
  • L型プロテーゼにより鼻が上向きになってしまった方
  • 大人っぽい雰囲気にされたい方
  • 鼻下と上口唇の距離を短くされたい方

リスク・副作用について

術後、皮膚の赤み・熱感・痛み・腫れが続いたり、状態が長引く場合は、感染している場合がございます。

異物反応が起こる可能性がゼロではありません。

術後に傷の中で出血が起こりますと、皮膚の下に血が溜まって、鼻先、鼻柱、鼻の中粘膜が紫色に腫れあがります。

血液が溜まったままにしてししまうと、感染、鼻尖が太くなる、鼻づまりを起こす可能性があります。

稀に糸が外れたり、傷口の治りが悪く傷口が開いてしまうことがあります。

縫い合わせる糸が露出することがあります。

鼻尖の曲がり・左右差があらわれる可能性があります。

鼻の穴の中の切開した傷が拘縮してひきつれることがあります。

鼻尖の違和感がでる場合があります。

鼻柱(鼻の穴と穴の間)が分厚くなることがります。

鼻閉感(鼻が通りにくい感じ)がある場合があります。

鼻柱が凸凹する場合があります。

延長した鼻が長すぎる・鼻尖が高すぎると感じる、または延長した鼻が短すぎる・鼻尖が低すぎると感じる。

傷跡が気になる。

治療の流れ

鼻中隔軟骨を採取する場合

  • STEP01

    治療

    鼻中隔軟骨は平らでしっかりとした硬さがあるため、延長に適しています。採取した鼻中隔軟骨を2枚重ねて用います。大きな変化を望まない場合に適しています。

耳介軟骨を採取する場合

  • STEP01

    治療

    耳の軟骨を採取し、鼻先の形を整えるために、鼻先の部分に付け足します。鼻中隔軟骨と同時に移植することがほとんどで、耳の後ろの溝部分に沿って2cm程切開し軟骨を採取し、行います。

    ※耳の変形も、機能障害もきたしません。傷は耳の後ろの溝部分のため、目立つことはありません。

肋軟骨を採取する場合

  • STEP01

    治療

    女性は胸のアンダーの部分の位置に合わせて3㎝程、男性では乳首より5㎝程下部分を3㎝ほど切開し、肋軟骨を採取し、行います。採取する肋軟骨は上から数えて7番目の肋軟骨が一番大きいため、この7番目の肋軟骨を用いています。延長する長さが大きく変化をご希望の場合や、鼻先の皮膚が伸びにくい状態の場合、過去に鼻先の手術歴がある場合に適しています。

治療後

  • STEP01

    治療後の過ごし方について

    鼻の組織の安定には3週間程度かかるため、念のため1ヶ月程度は、以下のことにご注意ください。

    シャワーは当日より可能です。ただし施術部位への刺激はお控えください。

    入浴・サウナ・飲酒・激しい運動はお控えください。

よくある質問

低すぎる鼻でも手術は可能ですか?
可能ですが、移植できる軟骨の長さには限りがありますので、ご希望の高さまで延長できない場合もあります。
腫れはどの程度で引きますか?
術後7日程度には、ほとんど腫れが引いています。稀に、入浴や運動などで血流が良くなりすぎてしまい、腫れる場合もありますが、その場合はダウンタイムにもう少し時間を要します。

料金

お問い合わせCONTACT

お電話でのご予約・お問い合わせ

03-3350-0694

【営業時間】10:00~18:00(水曜、日曜定休)

予約確定をお急ぎの方はこちら

24時間受付システム

※未成年者の方が施術を受ける際は保護者の同意書が必要となります。PDFデータをダウンロードしていただき、ご記入捺印の上ご持参ください。