クリトリス、副皮の治療

クリトリス、副皮の治療に関する悩みなら一度ご相談ください

クリトリスの包茎治療
クリトリス(陰核)とは、小陰唇の上部にある突起した部分のことで、男性でいうと亀頭の部分にあたる器官です。 海綿体から出来ており、大きさは粒大から小指先大くらいまでと様々ですが、性的興奮によって勃起します。
クリトリス(陰核)は、男性のペニスと同じく包皮で覆われています。 このクリトリス(陰核)を守るように覆いかぶさっている包皮をクリトリス(陰核)包皮といいます。 クリトリス(陰核)包皮と小陰唇は繋がっているため密接に関わってきます。 小陰唇が肥大している場合は、クリトリス(陰核)包皮も余ってしまっていることが多くあります。
また小児のころは包皮で覆われているのが普通で、成長すると剥けてくるため、普段から露出した状態の人もいれば、性的興奮をした時だけ剥ける人もいます。 手で剥くことのできる人は仮性、剥けない人は真性のクリトリス(陰核)包茎と診断します。 大体全体の3分の1から3分の2程度露出できれば問題ありません。
包皮が大きすぎても小さすぎても問題となることがあるため、本当に手術が必要な状態であるかは、医師の診断を受けるのが良いと思います。
副皮の切除治療
副皮は個人差が大きく、どのような形であっても異常ではありません。そのため、必ず手術が必要というわけではありませんが、ヒダの間には汚れや垢がたまりやすいため、ニオイや炎症の原因となる場合があります。
また、見た目が悪い、左右のバランスが悪いということが、コンプレックスになっている方もいらっしゃいます。 副皮切除術は、このように、ニオイ、炎症、コンプレックスなどの女性特有の悩みを解消するために、余分なヒダを切除して、女性器の形を整える手術です。副皮切除は、小陰唇縮小と同時に行うとより効果的です。
手術前には大きさや形などご希望をしっかりと確認します。また、傷口は何層かに分けて丁寧に縫合します。血流が豊富な場所のため、傷跡が残ることはほぼありません。

治療概要

クリトリスの外側に、包皮と呼ばれる皮膚が全体的に覆い被さっている状態が、クリトリス包茎です。包皮がない人というのはいませんが、覆い被さっている包皮の量には個人差があります。クリトリスに皮が被さっている状態を長く続けていると、分泌物やアカがたまり臭いの原因ともなります。また性交時の痛みや不感症の悩みから治療を希望する方も多い施術です。

このような場合、手術により被さっている皮を切除することで改善します。当院では、縫合の際に溶ける糸を使用しますので、通院や抜糸の必要はありません。

傷跡への配慮

傷跡の仕上がりに細心の注意を払うだけでなく、美しさの持続期間にもこだわっています。 繊細な手術を可能にする微細な器具を駆使しており、内出血や組織の損傷を最少にするためオプション料金なしで全例にRFメスを使用いたします。

RFメス

RFナイフならではの微細な切開・凝固
過剰な熱変成が抑えられ、組織損傷の少ない微細な切開・凝固を可能にします。
RFナイフは焦げにくい
一般的に細胞の蛋白質は、60~100℃程度で組織凝固が発生し、90~110℃以上で蒸散(切開)が起こると言われています。
サージトロンは、4.0MHzの高い周波数により、より少ない出力で狭い範囲に熱を集中させることができます。
短時間の温度上昇を生み出すことで、炭化組織を少なく抑えることができます。
RFナイフだから安心
1989年のサージトロン発売以来、対極板による熱傷事故の報告はありません。

痛みについて

当院では術後の痛みを極力抑えるために、術後72時間痛みを抑える「エクスパレル」という麻酔をご用意しております。 「エクスパレル」を使用することで、痛みが最も出やすいとされる、手術後72時間の痛みを抑えることができます。

エクスパレル

「エクスパレル」は、米国PACIRA社製で2011年にFDA認証された局所麻酔です。 有効成分をリポソームと呼ばれるナノカプセルに含有する事で少しずつ薬剤が放出され、鎮静効果が72時間持続します。

このような方にオススメ

  • 分泌液が溜まりやすい
  • 不感症の方
  • 性行為時の痛み

リスク・副作用について

稀に痛み、腫れ、出血が長引くことがあります。

治療の流れ

治療当日

  • STEP01

    治療

    手術は局所麻酔で行います。クリトリスを被っている余分な皮を切除し、1/2~1/3程度見えるようにします。溶ける糸で縫合します。手術時間は30分前後で入院の必要もありません。当日はナプキンを合ててお帰りいただけます。

治療後

  • STEP01

    治療後の過ごし方について

    シャワーは施術の翌日から可能です。 (石鹸やボディーソープの使用は1週間程度控えてください)

    性行為は1ヵ月程度控えて下さい。

    排尿後は、なるべくウォッシュレットやシャワーで洗浄するなど、トイレットペーパーでこすることは避け、清潔を保ってください。

    施術後、1週間程度は出血する場合があります。その際はナプキンをあててください。

    激しい運動は1週間控えてください。

よくある質問

クリトリスの周りが小陰唇の上のほうの皮に包まれていて、出ていません。手術で治るものなんでしょうか?
クリトリスが包皮に覆い被さっている状態を、クリトリス包茎といい、男性の包茎と同様と考えて差し支えありません。この治療をお受けになる方はかなり多くいらっしゃいます。 手術により、この包皮を適度に取り除いて1/2~1/3程度見えるようにすることで治りますのでご安心ください。 個人差がありますが、術後、慣れるまでは刺激が強すぎたり、痛みがあることもあります。
施術中、痛みはありますか?
手術の際の痛みや怖さは、無痛麻酔(静脈麻酔)で全て抑えることが出来ますので、ご安心下さい。 手術後は少しは痛みはありますが、日常生活に支障が出るほどではありません。 通常は痛みや違和感は1~2週間で落ち着きますが、個人差はありますので、1ヶ月程度余裕を持って考えていただくと良いでしょう。

料金

お問い合わせCONTACT

お電話でのご予約・お問い合わせ

03-3350-0694

【営業時間】10:00~18:00(水曜、日曜定休)

予約確定をお急ぎの方はこちら

24時間受付システム

※未成年者の方が施術を受ける際は保護者の同意書が必要となります。PDFデータをダウンロードしていただき、ご記入捺印の上ご持参ください。