目頭切開

東洋人に特徴的な「蒙古襞(もうこひだ)」を目頭切開することで、ハッキリした目元に

日本人の大半には目頭の部分を覆う皮膚、すなわち蒙古襞が有ります。 蒙古襞があると目が離れて見えてしまい、全体的に窮屈な感じを与えるだけでなく、目の横幅が小さくつり上がった印象になります。

目頭切開は、この蒙古襞を切開して目の横幅を鼻の方へ広げ、目を大きくする手術です。蒙古襞の張りの強い方では、縦方向にも少し大きくなる効果が得られます。また、並行型の二重をご希望の場合、二重手術だけでなく目頭切開も必要になる場合が多いです。 両目が離れて間延びした印象の方にも適しています。

治療概要

専門的には内嘴(ないし)形成術または内眼角形成術といい、東洋人のまぶたに特有の「蒙古襞」を切開・移動する手術です。当院ではほぼ全例にZ形成法を用いておりますが、リドレープ法(いわゆる韓流目頭切開)やその他の方法にも対応しております。

傷跡への配慮

傷跡の仕上がりに細心の注意を払うだけでなく、美しさの持続期間にもこだわっています。 繊細な手術を可能にする微細な器具を駆使しており、内出血や組織の損傷を最少にするためオプション料金なしで全例にRFメスを使用いたします。

RFメス

RFナイフならではの微細な切開・凝固
過剰な熱変成が抑えられ、組織損傷の少ない微細な切開・凝固を可能にします。
RFナイフは焦げにくい
一般的に細胞の蛋白質は、60~100℃程度で組織凝固が発生し、90~110℃以上で蒸散(切開)が起こると言われています。
サージトロンは、4.0MHzの高い周波数により、より少ない出力で狭い範囲に熱を集中させることができます。
短時間の温度上昇を生み出すことで、炭化組織を少なく抑えることができます。
RFナイフだから安心
1989年のサージトロン発売以来、対極板による熱傷事故の報告はありません。

痛みについて

当院では術後の痛みを極力抑えるために、術後72時間痛みを抑える「エクスパレル」という麻酔をご用意しております。 「エクスパレル」を使用することで、痛みが最も出やすいとされる、手術後72時間の痛みを抑えることができます。

エクスパレル

「エクスパレル」は、米国PACIRA社製で2011年にFDA認証された局所麻酔です。 有効成分をリポソームと呼ばれるナノカプセルに含有する事で少しずつ薬剤が放出され、鎮静効果が72時間持続します。

このような方にオススメ

  • 目頭の皮膚が眼球に覆いかぶさっている
  • 平行型、または幅広めの二重にしたい
  • ハッキリとした印象的な目にしたい
  • 左右の目が離れている

リスク・副作用について

術後しばらくは傷あとが赤く、硬くなります。通常は3ヶ月ほどで落ち着き、目立たなくなります。

目頭は傷が赤みが強く、ふくらんだ状態になりやすい傾向があります。ほとんどは一時的で、時間の経過とともに自然におさまっていきますが、まれに長期にわたって(6ヶ月以上)長引くことがあります。

手術直後は、目頭の切れ込みが強すぎるように見える場合がありますが、時間の経過とともになじみ、2〜3ヶ月で自然な形になっていきます。

感染は通常は起こりませんが、糖尿病などで細菌に対する抵抗力が弱っている場合には化膿することがあります。

血腫(術後に出血が起こり、皮膚の下に溜まってしまうこと)がまれにあります。

麻酔を行う際、注射針によって内出血が起きることがあります。

予想以上に効果の実感が得られない、または修正効果が弱いが場合があります。

治療の流れ

Z形成について

  • STEP 01

    治療について

    蒙古襞の表裏をZ字型に切開し、皮膚弁の位置を入れ替えて縫合することにより、蒙古襞の緊張が緩み、目頭が鼻側へ開くという仕組みで、切開といっても、単純に切り離すだけではありません。皮膚のひだを鼻側に移動し、ひだの裏に隠れている本来の目頭が見えるようにします。

    Z形成は、皮弁の大きさによる変化の大きさや皮膚切除の有無が調整可能です。

W形成について

  • STEP 01

    治療について

    皮弁の入れ替えを行わない術式で、目頭の皮膚をW字のように切除し、縫縮します。

    効果が大きいのが特徴ですが、蒙古襞の小さい人では不自然な仕上がりとなりやすいこと、傷が目立ってしまう場合がまれに有る事から、近年ではあまり行われません。

リドレープ法(韓流)

  • STEP 01

    治療について

    リドレープ法(韓流)は、目頭の筋肉のテンションをしっかりとリリースして余分な皮膚を切除する術式です。

    傷跡がまぶたの縁に一致するため、最も目立ちにくいことが特徴です。

治療後

  • STEP 01

    治療後の過ごし方について

    洗顔・シャワーは、翌日から可能です。 ※患部は、お湯で流す程度で刺激しないようにしてください。

    入浴は、腫れが概ね引いてから可能です。

    メイクは、抜糸翌日から可能です。

    コンタクトレンズの使用は、抜糸翌日から可能です。

    抜糸まで、サウナや激しい運動などお控えください。

よくある質問

左右の目の間隔が狭いのですが、目頭切開はできますか?
目と目の間(内眼角間距離)が狭い場合には、目頭切開をあまりおすすめできません。目尻切開で目の幅を広げると良いと思います。
目頭に傷あとが残ることはありませんか?
丁寧に縫合をしても、皮膚表面を切開するため傷あとが残ります。ファンデーションやコンシーラーでカバーすると、かなり目立ちづらくなりますが不安な方は、お気軽にご相談ください。

料金

お問い合わせCONTACT

お電話でのご予約・お問い合わせ

03-3350-0694

【営業時間】10:00~18:00(日曜日休診)

※未成年者の場合、親権者様の同伴が必要となります。また、同意書・ご本人様、親権者様の身分証の確認が必要となります。
下記PDFデータをダウンロードしていただき、ご記入捺印の上ご持参下さい。