脂肪吸引注射

脂肪吸引注射は、皮下脂肪を専用の細い注射針で吸引する手術

希望部位の皮下脂肪を、専用の細い注射針を用いて吸引し、痩身効果を得る施術です。 脂肪吸引注射は、脂肪溶解注射と脂肪吸引のいいとこどりの施術と言われております。

脂肪吸引は確実に脂肪を減らせてリバウンドしづらい反面、ダウンタイムが長く傷跡もしばらく残ります。 脂肪吸引のダウンタイムは、一般的に筋肉痛のようなお痛みや内出血、強い腫れが2.3週間程度続き完成するまでは6ヶ月ほどお時間がかかる手術となります。

一方、脂肪吸引注射の場合、ダウンタイムはあざや腫れなどの症状が現れる場合もありますが、脂肪吸引に比べてその期間は短く、症状は軽いといわれております。 また、脂肪溶解注射はダウンタイムもなくメイクも施術直後から可能ですが、脂肪減少効果が分かりづらく、痛みが感じやすく残りやすい効果を実感するのに回数が必要な場合もございます。

その点、脂肪吸引注射はダウンタイムがほぼなく、施術直後から脂肪減少効果を実感しやすい特徴があります。

治療概要

吸引部位近くに切開をせずに、太さ1mm程度の極細注射針を使用して、局所麻酔薬を含んだチュメセント液という薬剤を吸引部位の脂肪層に注入し脂肪を隆起させます。

注入した同じ穴から細い注射針を使用して脂肪を直接吸引します。

傷跡への配慮

傷跡の仕上がりに細心の注意を払うだけでなく、美しさの持続期間にもこだわっています。 繊細な手術を可能にする微細な器具を駆使しており、内出血や組織の損傷を最少にするためオプション料金なしで全例にRFメスを使用いたします。

RFメス

RFナイフならではの微細な切開・凝固
過剰な熱変成が抑えられ、組織損傷の少ない微細な切開・凝固を可能にします。
RFナイフは焦げにくい
一般的に細胞の蛋白質は、60~100℃程度で組織凝固が発生し、90~110℃以上で蒸散(切開)が起こると言われています。
サージトロンは、4.0MHzの高い周波数により、より少ない出力で狭い範囲に熱を集中させることができます。
短時間の温度上昇を生み出すことで、炭化組織を少なく抑えることができます。
RFナイフだから安心
1989年のサージトロン発売以来、対極板による熱傷事故の報告はありません。

痛みについて

当院では術後の痛みを極力抑えるために、術後72時間痛みを抑える「エクスパレル」という麻酔をご用意しております。 「エクスパレル」を使用することで、痛みが最も出やすいとされる、手術後72時間の痛みを抑えることができます。

エクスパレル

「エクスパレル」は、米国PACIRA社製で2011年にFDA認証された局所麻酔です。 有効成分をリポソームと呼ばれるナノカプセルに含有する事で少しずつ薬剤が放出され、鎮静効果が72時間持続します。

このような方にオススメ

  • 二の腕を出すのに抵抗がある
  • 下半身太り
  • アゴ下に溜まった脂肪のせいで首が短く見える
  • 産後体型が戻らない
  • 腰だけ脂肪が付いている
  • ダイエットをしてもなかなか痩せない
  • リバウンドを繰り返してしまう

リスク・副作用について

感染症、多量出血、脂肪塞栓症、内臓損傷、麻酔トラブル等

治療の流れ

治療前

  • STEP01

    カウンセリング

    以下の方は、治療できない場合があります。

    • 皮下脂肪が足りない(BMI18以下)
    • 心疾患がある
    • 貧血がある
    • アレルギーがある

    ※医師の診察時の判断により治療できない場合があります。

治療当日

治療後

  • STEP01

    治療後の過ごし方について

    当日から洗顔、洗髪が可能。翌日から通勤・通学が可能です。

よくある質問

術後の痛みはありますか?
個人差はありますが、筋肉痛のような痛みが1週間程度続きます。痛み止めを処方しておりますのでご自宅で安静にしてただければ問題ありません。
リバウンドしないというのは本当ですか?
脂肪吸引は、脂肪細胞ごと吸引するので吸引部位が太ることはありません。しかし、体重キープしない限り他の部位が太ることがあります。

料金

お問い合わせCONTACT

お電話でのご予約・お問い合わせ

03-3350-0694

【営業時間】10:00~18:00(日曜日休診)

※未成年者の場合、親権者様の同伴が必要となります。また、同意書・ご本人様、親権者様の身分証の確認が必要となります。
下記PDFデータをダウンロードしていただき、ご記入捺印の上ご持参下さい。