眉下切開

眉下切開で眼瞼改善し自然な目元に。

加齢によって皮膚にハリがなくなり、重力に逆らえなくなった上瞼の皮膚が、目の上に覆いかぶさるように下がってきます。 若い頃にパッチリ大きな目をしていた人でも、年を重ねるうちに目が小さくなってきたように見えるのはこのためです。

眉毛下切開術は眉の下の皮膚を切除することで、上眼瞼(上まぶた)のたるみをとり、眼瞼改善を目的とする治療法です。ダウンタイムや副作用が少なく、自然にたるみ、眼瞼下垂が改善されます。二重自体に手を加えるものではないため自然な仕上がりになります。

治療概要

眉毛下切開術は眉の下側から上眼瞼の一部を切り取ることで上眼瞼のたるみを改善できます。また表眼瞼の眼窩脂肪を取ることで上眼瞼のむくみも改善させることができます。傷口が眉に隠れることから目立ちにくく、また従来の眼瞼下垂の手術と比べ、目の形に違和感がないので、ダウンタイムが少なく、自然に上眼瞼のたるみや眼瞼下垂を治療したい人におススメです。

傷跡への配慮

傷跡の仕上がりに細心の注意を払うだけでなく、美しさの持続期間にもこだわっています。 繊細な手術を可能にする微細な器具を駆使しており、内出血や組織の損傷を最少にするためオプション料金なしで全例にRFメスを使用いたします。

RFメス

RFナイフならではの微細な切開・凝固
過剰な熱変成が抑えられ、組織損傷の少ない微細な切開・凝固を可能にします。
RFナイフは焦げにくい
一般的に細胞の蛋白質は、60~100℃程度で組織凝固が発生し、90~110℃以上で蒸散(切開)が起こると言われています。
サージトロンは、4.0MHzの高い周波数により、より少ない出力で狭い範囲に熱を集中させることができます。
短時間の温度上昇を生み出すことで、炭化組織を少なく抑えることができます。
RFナイフだから安心
1989年のサージトロン発売以来、対極板による熱傷事故の報告はありません。

痛みについて

当院では術後の痛みを極力抑えるために、術後72時間痛みを抑える「エクスパレル」という麻酔をご用意しております。 「エクスパレル」を使用することで、痛みが最も出やすいとされる、手術後72時間の痛みを抑えることができます。

エクスパレル

「エクスパレル」は、米国PACIRA社製で2011年にFDA認証された局所麻酔です。 有効成分をリポソームと呼ばれるナノカプセルに含有する事で少しずつ薬剤が放出され、鎮静効果が72時間持続します。

このような方にオススメ

  • 上まぶたが垂れ下がってきて困っている方
  • 上まぶたが腫れぼったくて困っている方
  • 眼瞼下垂で困っている方
  • なるべくタウンタイムを少なく眼瞼下垂を治療したい方
  • 目の形をなるべく変えたくない方

リスク・副作用について

麻酔薬にて、アレルギー反応を起こす場合があります。その場合は適切な処置を行います。

腫れは個人差がありますが、手術直後は、腫れがあり二重の幅が広く見えますが、翌日がピークで徐々に引いていきます。目立つほどの大きな腫れは2日~1週間程度です。

術後のむくみや細かな左右差の改善には、3ヶ月程度かかります。

内出血はごく稀に起こす可能性があります。

感染予防のため、抗生剤を内服していただきます。

手術直後は、異物感・つっぱりを感じることがありますが、2週間程度で改善してきます。心配な場合は、ご来院ください。

目の構造や目をごしごし擦ることが原因で後戻りする可能性があります。

過度の後戻り、矯正不十分、微妙な左右差や糸が露出してきた場合は、再手術(修正)になることがあります。

※効果や反応には個人差がありますので、ご不明な点は必ず治療前にご相談下さい。

治療の流れ

治療前

  • STEP01

    マーキング

    アイブロウペンシルで理想の眉ラインを少し外側まで描いていただき、たるみの状態や左右の高さ、バランスを確認します。切開部となる眉下ラインの下縁にマーキングします。切開部は本来の眉毛の温存を優先するのではなく、理想とする眉ラインに合わせます。

    以下の方は、治療できない場合があります。

    • 目がほとんど開かないほど眼瞼下垂が重度な方(その場合は眼瞼挙筋前転法をオススメさせていただきます)
    • ケロイド体質の方
    • 妊娠中の方

    ※医師の診察時の判断により治療できない場合があります。

治療当日

  • STEP01

    麻酔

    上まぶた切開部分に局所麻酔を行います。

  • STEP02

    手術

    余剰皮膚を皮下脂肪とともに眼輪筋上で切除します。皮下の剥離をほとんど行わないため、術後の回復が早く、腫れも少なくて済みます。最後に皮膚を縫合して終了です。

治療後

  • STEP01

    治療後の過ごし方について

    手術当日〜3日間は、洗顔とシャワーは、手術翌日から可能です。 抜糸(7日後)まで運動は避けてください。 ご自宅では可能な限り患部を冷やしてください。 上まぶたが腫れぼったくなりますが、1~2週間で治まっていきます。

    7日後に抜糸を行います。抜糸翌日から入浴が可能です。個人差がありますが、縫合部分の赤みや内出血がまだ少し目立ちますが、縫合線に沿って眉ラインを描くことも可能ですので、メイクでカバーすることができます。

    1ヶ月〜3ヶ月後に傷跡が目立たなくなってきます。 個人差がありますが、赤みが強い方でも3ヶ月程度で目立たなくなります。

よくある質問

眉下切開を受けたいと考えているのですが、脂肪のたるみもあります。「眉下切開」では、脂肪のたるみは解消できませんか?
脂肪のたるみも解消することができます。
眉下切開を受けた後は、すぐにメイクできますか?
メイクは抜糸後から可能となります。

料金

お問い合わせCONTACT

お電話でのご予約・お問い合わせ

03-3350-0694

【営業時間】10:00~18:00(日曜日休診)

※未成年者の場合、親権者様の同伴が必要となります。また、同意書・ご本人様、親権者様の身分証の確認が必要となります。
下記PDFデータをダウンロードしていただき、ご記入捺印の上ご持参下さい。