膣縮小、膣圧アップ、感度アップ

膣縮小、膣圧アップ、感度アップに関する悩みなら一度ご相談ください

膣縮小手術は、加齢や出産などが原因で緩んでしまった膣を、糸で縫い縮めて小さくする手術のことです。一度緩んでしまうと、時間経過により多少は改善しますが完全に元に戻ることはありません。

筋力トレーニングや膣トレーニングなどでもなかなか引き締めることができない緩みを改善します。 また、膣圧についてや、感度のアップなどのご相談も承っております。

治療概要

膣縮小

出産すると腟壁だけではなく、子宮や腟、膀胱を支える筋肉も大きく引き延ばされます。 時間と共にある程度は治りますが、腟の緩みは完全には出産前の状態には戻りません。

他にもヒアルロン酸注入や再生治療、レーザーなどの治療もありますが、腟壁縮小手術、腟括約筋縫縮術はあらゆる治療の中で最も効果の高い治療になります。腟壁縮小手術では、産後に緩んでしまった腟壁を腟の奥から切開し縮小します。腟周辺の筋肉を縮小縫合し、新たに腟のヒダを形成することが可能です。

また同時に入り口付近にある腟括約筋を縫縮すると、入り口から腟の奥まで縮小され、高い効果が得られます。 腟は直腸に接するようにすぐ前に位置しますので、繊細な作業を要し、高い技術が必要です。

当院の院長は腟壁縮小手術を多数経験している数少ない医師です。 ※腟壁縮小手術は腟壁や筋肉をきつく縫合しますので、手術後の出産はできません。

今後経腟分娩の可能性がある方は、別の治療をご提案させていただきます。

膣圧アップ

ボリュームフィラーは腟専用のヒアルロン酸で、腟壁に注入し膨らませることで、腟内を狭くし腟圧をアップさせる治療です。注入した分だけ腟の中が狭くなり、治療直後より効果が実感できます。即効性が必要な方には特におすすめの治療です。ヒアルロン酸ですので少しずつ体内に吸収され、1~2年くらいでなくなりますので、効果を持続させたい方は追加の注入は必要となります。 ※当院では、フィラー注入による副作用のリスクが高いため、尿道や膀胱といった重要な器官が密接している腟の上壁への注入行っておりません。

感度アップ(Gショット)

腟前壁の入口から3cm~5cm程度に位置した感度の良い部位をGスポットと言います。 女性は性行為時にGスポットで気持ち良さを感じます、元々感度が悪い方には、Gスポットにヒアルロン酸を注入し性行為時の満足度を上げることができます。

傷跡への配慮

傷跡の仕上がりに細心の注意を払うだけでなく、美しさの持続期間にもこだわっています。 繊細な手術を可能にする微細な器具を駆使しており、内出血や組織の損傷を最少にするためオプション料金なしで全例にRFメスを使用いたします。

RFメス

RFナイフならではの微細な切開・凝固
過剰な熱変成が抑えられ、組織損傷の少ない微細な切開・凝固を可能にします。
RFナイフは焦げにくい
一般的に細胞の蛋白質は、60~100℃程度で組織凝固が発生し、90~110℃以上で蒸散(切開)が起こると言われています。
サージトロンは、4.0MHzの高い周波数により、より少ない出力で狭い範囲に熱を集中させることができます。
短時間の温度上昇を生み出すことで、炭化組織を少なく抑えることができます。
RFナイフだから安心
1989年のサージトロン発売以来、対極板による熱傷事故の報告はありません。

痛みについて

当院では術後の痛みを極力抑えるために、術後72時間痛みを抑える「エクスパレル」という麻酔をご用意しております。 「エクスパレル」を使用することで、痛みが最も出やすいとされる、手術後72時間の痛みを抑えることができます。

エクスパレル

「エクスパレル」は、米国PACIRA社製で2011年にFDA認証された局所麻酔です。 有効成分をリポソームと呼ばれるナノカプセルに含有する事で少しずつ薬剤が放出され、鎮静効果が72時間持続します。

このような方にオススメ

  • 産後腟内に水や空気が入りやすい
  • 腟壁が外から見えるくらい緩みが強
  • 性交時に密着感を感じにくい

治療の流れ

治療前

  • STEP01

    カウンセリング

    以下の方は、治療できない場合があります。

    • 術後出産する予定がある

    ※医師の診察時の判断により治療できない場合があります。

治療当日

治療後

  • STEP01

    治療後の過ごし方について

    手術の場合

    傷をきれいに治すため、縫合はできるだけ強く締めつけないよう行うようにしています。そのため、手術後出血することがありますが、数日で出血はなくなりますので、心配ありません。

    シャワーは手術当日より可能ですが、入浴は医師の指示があるまで控えてください。

    自転車、バイクなど、直接患部に刺激となるようなことは3週間控えてください。内出血をして傷が異常に腫れて、仕上がりに影響がでることがあります。

    激しい運動は、4~6週後から可能です。

    性交は4週後までお控えください。

    腫れは4週後くらいでほぼ落ち着きます(個人差があります)。

よくある質問

生理でも受けられますか?
手術の場合、止血の確認ができなくなるため、生理中の手術はお控えください。
性交渉はいつから可能ですか?
手術の場合、4週後までお控えください。

料金

お問い合わせCONTACT

お電話でのご予約・お問い合わせ

03-3350-0694

【営業時間】10:00~18:00(水曜、日曜定休)

予約確定をお急ぎの方はこちら

24時間受付システム

※未成年者の方が施術を受ける際は保護者の同意書が必要となります。PDFデータをダウンロードしていただき、ご記入捺印の上ご持参ください。