垂れ目形成(下眼瞼下制)

グラマラスライン(垂れ目形成)することで優しくハッキリした目元に。

つり目によって顔がきつい印象に見られる事をコンプレックスに思っている方が意外と多くいます。近年ではグラマラスラインと呼ばれ、 垂れ目にすることで、顔は優しくかわいらしい印象になり、同時に目も大きく見せることができます。

治療概要

垂れ目形成は、白目・黒目の露出度を決める下まぶたを引き下げることで、優しい印象を与える目元にします。つり目や小さい目を気にしている方でも、大きくかわいらしい目を形づくり、優しい印象や魅力的な目元にできます。

傷跡への配慮

傷跡の仕上がりに細心の注意を払うだけでなく、美しさの持続期間にもこだわっています。 繊細な手術を可能にする微細な器具を駆使しており、内出血や組織の損傷を最少にするためオプション料金なしで全例にRFメスを使用いたします。

RFメス

RFナイフならではの微細な切開・凝固
過剰な熱変成が抑えられ、組織損傷の少ない微細な切開・凝固を可能にします。
RFナイフは焦げにくい
一般的に細胞の蛋白質は、60~100℃程度で組織凝固が発生し、90~110℃以上で蒸散(切開)が起こると言われています。
サージトロンは、4.0MHzの高い周波数により、より少ない出力で狭い範囲に熱を集中させることができます。
短時間の温度上昇を生み出すことで、炭化組織を少なく抑えることができます。
RFナイフだから安心
1989年のサージトロン発売以来、対極板による熱傷事故の報告はありません。

痛みについて

当院では術後の痛みを極力抑えるために、術後72時間痛みを抑える「エクスパレル」という麻酔をご用意しております。 「エクスパレル」を使用することで、痛みが最も出やすいとされる、手術後72時間の痛みを抑えることができます。

エクスパレル

「エクスパレル」は、米国PACIRA社製で2011年にFDA認証された局所麻酔です。 有効成分をリポソームと呼ばれるナノカプセルに含有する事で少しずつ薬剤が放出され、鎮静効果が72時間持続します。

リスク・副作用について

内出血・痛み・熱感が2週間程度ある場合があります。

傷口の赤みが、3ヶ月程度ある場合があります。

治療の流れ

治療前

  • 手術当日、車を運転してご来院することは控えてください。
  • STEP01

    治療について

    以下の方は、治療できない場合があります。

    • 妊娠・授乳中の方

    ※医師の診察時の判断により治療できない場合があります。

治療当日

  • STEP01

    デザインが決定後、目の周囲を消毒、麻酔。

    下まぶたは、皮膚側の外反する力と、結膜側の内反する力とのバランスが均衡を保つことで成り立っています。

    『たれ目・でか目形成』では、下まぶたの皮膚を切除する「経皮的アプローチ」と、まぶたの裏にある腱膜を短縮する「経膜的アプローチ」を行うことで、下まぶたの開き具体を調整して目を大きく見せます。

    目の状態やデザインによって、いずれかの処置のみを行ったり、両方の処理を行うことがあります。

    クーリングで鎮静し術後2日程度圧迫、抜糸となります。

治療後

  • STEP01

    治療後の過ごし方

    施術後の感染防止、抗炎症のため、抗生剤などの内服薬と点眼薬をお出ししますので、必ず服用・点眼してください。

    施術後1~2日は、柔らかい保冷剤などで小まめに施術部位を冷やすようにしてください。その際、強く押さないようご注意ください。

    飲酒や激しい運度は、炎症を強めるおそれがありますので、2~3週間は控えてください。

    施術部位を強く押したりこすったりしないでください。また顔のマッサージは2週間ほど控えてください。

    アイメイクや洗顔は抜糸の翌日から可能ですが、強く顔をこすらないようにご注意ください。

よくある質問

目を大きく見せたいのですが垂れ目の手術で良いのでしょうか?
埋没法・二重切開や目頭切開・目尻切開などのご施術が良い場合もございます。一概にたれ目の手術がよいとは言えないため、一度カウンセリングにお越しください。
垂れ目形成を受けたいのですが、術後はいつからメイクができますか?術後にアイメイクをしても大丈夫ですか?
化粧は2日後から、アイメイクは約1週間後からできます。

料金

お問い合わせCONTACT

お電話でのご予約・お問い合わせ

03-3350-0694

【営業時間】10:00~18:00(日曜日休診)

※未成年者の場合、親権者様の同伴が必要となります。また、同意書・ご本人様、親権者様の身分証の確認が必要となります。
下記PDFデータをダウンロードしていただき、ご記入捺印の上ご持参下さい。