ハムラ法・裏ハムラ法・ミッドフェイスリフト

目の下のクマやたるみを改善

顔全体の印象に影響を与える、目の下のクマ。また目頭から頬にかけて現れるゴルゴラインも、目元に暗い影を落とし、顔の印象をダウンさせてしまいます。

『ハムラ法(目の下のたるみ取り)』は、飛び出した眼窩脂肪(がんかしぼう)を切除せず、ボリュームが減少した目の下のくぼみへ脂肪を移動させる治療法です。1回の施術で眼窩脂肪の突出や皮下脂肪の減少を同時に解消し、目元の凹凸をフラットにすることができます。

『ミッドフェイスリフト』は、ゴルゴラインから頬部のたるみの解消を目指すリフトアップ治療です。下垂したメーラーファットを上へと引き上げることで、ゴルゴじわや頬のたるみ、ほうれい線などの改善を目指します。

治療概要

ハムラ法

『ハムラ法(目の下のたるみ取り)』は、飛び出した眼窩脂肪を切除せず、ボリュームが減少した目の下のくぼみへ脂肪を移動させる治療法です。1回の施術で「眼窩脂肪の突出」「皮下脂肪の減少」を同時に解消し、目元の凹凸をフラットにすることができます。しかもヒアルロン酸などの薬剤を入れることがないので、仕上がりがナチュラルで、持続性が高いのも魅力です。

ハムラ法1
ハムラ法2
ハムラ法3
ハムラ法1
1.まつ毛の下の赤い点線部分を切開します。
ハムラ法2
2.脂肪が溜まっている部分の下側の隔膜を切開します。
ハムラ法3
3.隔膜と眼窩脂肪を一塊として引き下げ、骨膜に縫合します。
ハムラ法4
4.切開した部分を縫合して完成です。

裏ハムラ法

「裏ハムラ法」は、まぶたの裏側を切開して、脂肪を移動させる方法です。皮膚を切らないので、表面に傷跡を残さず治療が可能です。ただ『ハムラ法(目の下のたるみ取り)』と違い、皮膚のたるみを解消することは難しいので、症状によっては充分なたるみ改善効果を得られないことがあります。

当院では、一人ひとりの症状を見極め、「ハムラ法」「裏ハムラ法」のどちらが最適かをご提案しますので、たるみ症状や自身にぴったりの治療法が分からなくても、安心してご相談ください。

ハムラ法1
ハムラ法2
ハムラ法3
裏ハムラ法1
1.まぶたの裏側の赤い点線部分を切開します。
裏ハムラ法2
2.脂肪が溜まっている部分の下側の隔膜を切開します。
裏ハムラ法3
3.隔膜と眼窩脂肪を一塊として引き下げ、骨膜に縫合します。
裏ハムラ法4
4.切開した部分を縫合して完成です。

ミッドフェイスリフト

下垂した頬の脂肪を引き上げ、余分な皮膚や筋肉などを切除することで、中顔面全体のたるみを内側から改善させることが可能です。 ゴルゴラインの痩せた部位に頬の脂肪を移動させてボリュームアップができるほか、脂肪が蓄積した深いほうれい線も改善されるなどさまざまな若返り効果が得られます。

ミッドフェイスリフト1
こめかみを切開し、糸を挿入します。
ミッドフェイスリフト2
頬の脂肪を糸で吊り上げます。目袋の原因となる脂肪は取り除きます。

傷跡への配慮

傷跡の仕上がりに細心の注意を払うだけでなく、美しさの持続期間にもこだわっています。 繊細な手術を可能にする微細な器具を駆使しており、内出血や組織の損傷を最少にするためオプション料金なしで全例にRFメスを使用いたします。

RFメス

RFナイフならではの微細な切開・凝固
過剰な熱変成が抑えられ、組織損傷の少ない微細な切開・凝固を可能にします。
RFナイフは焦げにくい
一般的に細胞の蛋白質は、60~100℃程度で組織凝固が発生し、90~110℃以上で蒸散(切開)が起こると言われています。
サージトロンは、4.0MHzの高い周波数により、より少ない出力で狭い範囲に熱を集中させることができます。
短時間の温度上昇を生み出すことで、炭化組織を少なく抑えることができます。
RFナイフだから安心
1989年のサージトロン発売以来、対極板による熱傷事故の報告はありません。

痛みについて

当院では術後の痛みを極力抑えるために、術後72時間痛みを抑える「エクスパレル」という麻酔をご用意しております。 「エクスパレル」を使用することで、痛みが最も出やすいとされる、手術後72時間の痛みを抑えることができます。

エクスパレル

「エクスパレル」は、米国PACIRA社製で2011年にFDA認証された局所麻酔です。 有効成分をリポソームと呼ばれるナノカプセルに含有する事で少しずつ薬剤が放出され、鎮静効果が72時間持続します。

このような方にオススメ

  • 目の下のクマが気になる
  • 目の下のたるみ・ふくらみが目立ってきた
  • 目元のたるみを同時に解消したい
  • 中顔面のたるみを改善したい

リスク・副作用について

膨らみが残る

手術後、目袋の原因となっている脂肪を取り除く量が足りませんと、目袋の膨らみが残ることがございます。筋肉や皮膚のゆるみが原因で、膨らみが残ることもございます。

目のチクチク感

まぶたの裏側に縫合した傷が眼球の表面に触れてゴロゴロした違和感を感じることがありますが、通常2~3週間で違和感は落ち着きます。目にチクチクした痛みを感じる時は、糸がほどけて糸の先端が眼球にあたっている可能性があります。その場合、眼球を傷つける危険がありますので、できるだけ早く来院して頂き処置を受けて頂く事をお願い致します。

感染(化膿)

通常は起こりませんが、細菌に対する抵抗力が弱っている場合には化膿することがあります。

傷が開く

稀に糸が外れて、傷が開いてしまうことがあります。

血腫

術後に出血が起こり、皮膚の下に溜まってしまうことがあるのでこのような症状がでた場合は適切な処置をさせていただきます。

【万が一、施術中や施術後に緊急対応が必要になった場合】

施術中や施術後に緊急事態(出血が多い、重要臓器の破損、ショックなど)が発生した場合や、安全に施術を続行できないと判断した場合、医師の指示で施術を中断することがあります。また、適切な対応が必要で、当院での管理が難しいと判断した場合は総合病院などに搬送し加療することがあります。その場合、別途ご記入いただく緊急連絡先に連絡します。

治療の流れ

治療前

  • STEP01

    施術前の過ごし方について

    食事は6時間前より、飲水は3時間前よりお控えください。(食事をされてしまうと静脈麻酔ができなくなります。)

    当日は静脈麻酔を使用する為、ご自身での運転でのご来院はおやめください。

    ジェルネイル・スカルプなどをつけている場合は、2本以上を外してお越しください。

    前開きもしくは首元にゆとりのある洋服、ローヒールのお履物でお越しください。

    前日にお酒、下剤は飲まないようお願いします。

    貴金属・貴重品は全てお外し下さい。

    まつ毛エクステをつけたままのご手術は可能ですが、若干取れてしまう場合がございます。ご了承ください。つけまつ毛やコンタクトは外して頂きます。

  • STEP02

    カウンセリング

    患者様のお悩み、ご希望の形を詳しくお聞きいたします。よくわからないという方へは、経験豊富な医師からの最適なご提案も行います。

    以下の方は、治療できない場合があります。

    • 妊娠・授乳中

    ※医師の診察時の判断により治療できない場合があります。

治療当日

  • STEP01

    当日の持ち物

    お目元周りが隠せるような帽子、サングラス、メガネをご持参下さい。

    術中はコンタクトを外して頂きますのでコンタクトケース、メガネをご持参下さい。

  • STEP02

    デザイン

    カウンセリングでご相談した通りに手術用ペンで印をつけます。そのマーキング印も再度ご確認いただけます。

  • STEP03

    麻酔

    当院はお痛みを極力感じないようにするために、静脈麻酔をご用意しております。静脈麻酔に抵抗がある方には、吸入麻酔もございます。静脈麻酔中に局所麻酔を行いますので、痛みを感じることはありません。

  • STEP04

    治療

    当院ではオプション料金なしでRFメス(高周波メス)を使用し、しっかり止血いたします。出血が少ないと腫れや痛みを抑えられ、早く治ります。

治療後

  • STEP01

    術後の経過について

    術後はしばらく目のごろつき、充血、めやに、痒みなどが出る場合がございます。

    腫れている間は、 腫れの程度が左右で異なるため、仕上がりよりも左右差が目立ちます。 (腫れとは無関係にもともとの左右差による左右差は解消できません。施術中に左右の下げ幅が同じになるように確認しながら調整しますが完全には左右対称にはなりません。)

  • STEP02

    術後の過ごし方について

    首から下であれば、シャワーは当日から可能です。

    目もとの洗顔は、24時間後から可能です。手術部位を揉んだり、強くこすったりしないでください。

    ご入浴は1週間後から可能です。

    サウナ、お酒、喫煙は術後1週間から可能です。(飲酒・喫煙はむくみや腫れ、傷の治りの遅れの要因となりますのでなるべく1ヶ月はなるべくお控えください。)

    激しい運動は1ヶ月後から可能となります。(痛みなど患部の異常を感じたら中止してください。)

    まつ毛エクステ、まつ毛パーマは1ヶ月後から可能となります。

    数日間はうつ伏せ寝はお控えください。また横向きで寝ると片側のみ腫れが強く出る事があります。枕の位置を高くし仰向けで寝るように心掛けてください。

よくある質問

コンタクトレンズはいつから着用できますか?
コンタクトレンズは術後8日目から着用いただけます。
『ハムラ法』の傷跡は目立ちますか?
下まつげの際を切開しますので、傷跡は目立ちません。
『ミッドフェイスリフト』はどのくらいの期間腫れますか?
個人差がありますが、腫れは1~2週間程度、内出血は2週間程度で治まります。

料金

お問い合わせCONTACT

お電話でのご予約・お問い合わせ

03-3350-0694

【営業時間】10:00~18:00(日曜日休診)

※未成年者の場合、親権者様の同伴が必要となります。また、同意書・ご本人様、親権者様の身分証の確認が必要となります。
下記PDFデータをダウンロードしていただき、ご記入捺印の上ご持参下さい。