脂肪吸引 新宿の美容外科ルクスクリニック

美容皮膚科
脂肪吸引

脂肪吸引とは

脂肪吸引とは、その名の通り身体にある「脂肪」を物理的に取り除いてしまう方法です。
「脂肪を吸い出す」とだけ聞くとゾッとしてしまうかもしれません。しかし実際には、先端が尖っていない(先の丸い)『カニューレ』という細い管を使用し、優しく吸い出す方法です。
現在、脂肪吸引をしなくても脂肪を凍らせることでアポトーシスを促し、部分痩せが行える機械も人気ですが、両方とも何度も行ったことがある私の感想を述べますと、術後の効果は圧倒的に脂肪吸引が高いです。比べ物になりません。
脂肪吸引は『皮下脂肪』という、皮膚の真下~筋肉の上にある脂肪がターゲットなので、内蔵脂肪を取ることはできません。ですから脂肪吸引も万能ではありません。
皮下脂肪は生まれた時から細胞数が決まっており、数が増えることがないため、一度脂肪を吸引してしまうとその部位に関しては、永久の効果が得られます
ただし、脂肪吸引をした後に太ってしまうと、脂肪吸引を行った部位は他の部位と比べ細いままでいられますが、脂肪吸引を行っていない部位には脂肪が着いてしまうため、見た目のバランスを崩してしまう可能性があります。

脂肪吸引を行いたいと思っている方へ

自身も何度も脂肪吸引を受け、妊娠出産で体重の増減を経験しているドクターからのアドバイス

皆様にはまず鏡で全身をご覧いただきます。

「ここが減ったらバランスよくなる部位」を探してください。

その「バランスの悪い部位」のみを吸引します。

吸引した後は、その体重をキープするように努力してください。

体重のキープができないと、太った際に、太った部位を吸引したくなってしまい、脂肪吸引のループに陥ってしまいます。

太らないためには、運動と食事のバランスが全てです。
新しくGLP-1治療や糖質吸収抑制剤、脂質吸収抑制剤などの内服を食事療法に取り入れることで、摂取カロリーをコントロールし、しっかり運動を行うことをおすすめします。当院では、そのような食事や運動のアドバイスも医師から行なっております。

個人的には脂肪吸引が大好きですが、無理におすすめすることは絶対にいたしません。皆様のライフスタイルをお聞きして、ベストな方法をご提案させていただければと思います。

脂肪吸引はこんな方におすすめ

  • ノースリーブを着て二の腕を出すのに抵抗がある
  • 下半身太り
  • アゴ下に溜まった脂肪のせいで首が短く見える
  • 産後体型が戻らない
  • 腰だけ浮き輪のような脂肪が付いている
  • ダイエットをしてもなかなか痩せない
  • リバウンドを繰り返してしまう

当院の脂肪吸引の特徴

1.女性ならではのデザインの細やかさ

女性医師ならではの、細かいこだわりを持って脂肪吸引を行っております。
メリハリをつけたい部分、年齢を重ねた際にきちんと残しておいたほうが良い部分、吸引する量など全体のデザインバランスを考慮しています。
美しさを追求するならデザインを重視した脂肪吸引が重要です。
院長自身が何度も脂肪吸引を体験し、実際の患者様の立場と同じ感覚でカウンセリングを行っております。

2.滑らかな仕上がり

脂肪吸引は、単に脂肪を吸引していくだけでは表面がボコボコしたり、不自然な仕上がりとなってしまいます。
まさに医師の技術が如実に反映される手術です。
せっかく高い費用を払っても納得の行く仕上がりとならなければ意味がありません。左右差のない手触りのより吸引技術を実感してください。

3.多数の経験と症例実績

院長は、数々の脂肪吸引を行いその症例数もTOPクラスに入るほどの実績を重ねています。
つまり、確かなノウハウが蓄積されているので患者様のご要望をしっかり実現していきます。
多数の経験により、血管や神経を傷つけることなく狙った脂肪細胞のみを吸引していくので、身体への負担も少なく安心です。

4.トータルアドバイス

脂肪吸引は、不要な脂肪細胞をすぐに取り除いてくれます。しかし、メリハリのあるバランスの取れた美ボディを保つためには、運動と食事といったライフスタイルの改善が欠かせません。
食事療法、運動療法、内服治療を組み合わせ、一人ひとりに合ったトータルでのアドバイスをさせていただいております。
運動が苦手、食べるのが大好き、不規則な生活になりがち…など、皆さんのお悩みをお聞かせください。

5.無理な勧誘は行いません

皆さんのライフスタイルをお伺いした上で、ベストな方法をご提案させていただきます。
決して、脂肪吸引だけを無理にすすめることはいたしませんので、不安なことやご希望をお気軽にご相談ください。

治療の流れ

1.ドクターカウンセリング

患者様のお悩み、ご希望の部位を詳しくお聞きいたします。吸引できる脂肪の量を予測するために診察させていただきます。ご自分の理想がよくわからない方へは、経験豊富な医師からの最適な吸引部位などのご提案も行います。ご納得いくまでしっかりご相談ください。

2.手術日の決定

カウンセリング後、手術をお決めになりましたら、ご都合の良い日時をご予約いただきます。
お手術の日が確定いたしましたら、採血を行います。ご遠方や来院回数をなるべく減らしたい方は、他院で行った採血結果(2週間以内)をお持ちいただくこともできますので、予めご相談いただきたく存じます。お気軽にご相談ください。

3.デザイン

ご説明させていただきながら、部位ごとの吸引量に応じて印を書き込みます。その印もご確認いただけます。

4.麻酔

脂肪吸引は基本的に静脈麻酔を使用いたします。静脈麻酔中はお痛みは感じませんので、ご安心ください。
静脈麻酔に抵抗があるをお持ちの方には、吸入麻酔もございます。

5.吸引

出血を極力抑えた方法を行うため、脂肪量を多く採取できます。(身長、体重、年齢などにより安全を確保した上で1日に取れる最大の脂肪量がございますので、安全な範囲での最大吸引量を算出して安全に行います)

6.術後

患部をしっかり圧迫します。その後クリニック内で休憩していただき、痛み止めの投与などを行った上で当日お帰りいただきます。(当院は入院は行っておりません)術後のご来院は、手術部位によって異なります。

治療概要と注意事項

治療概要

治療時間 60~240分 ※治療部位により異なります
内出血 2週間程度
痛み 筋肉痛のような痛みが1週間程度
腫れ 1週間程度で腫れは引いていきますが、完全に腫れが引いて完成するまでには半年かかりません。
感覚鈍麻 徐々に改善します。半年程度で戻ります。
拘縮 術後1ヶ月頃をピークに徐々に改善します。3ヶ月程度で改善します。マッサージをするとより早く改善します。
シャワー・入浴 手術部位は5日目から可能です。入浴は抜糸後問題なければ可能です。

注意事項

  • 手術当日の車の運転は控えてください。
  • 術後は、可能な範囲でストレッチとマッサージをすることで回復が早まります。強いマッサージは逆効果なのでご注意ください。
  • 太ももや腹部など大きな範囲の場合、筋肉痛のような痛みとだるさが数日続きます。

脂肪吸引の適応部位

料金

よくある質問

Q. 術後の痛みはありますか?

個人差はありますが、筋肉痛のような痛みが1週間程度続きます。痛み止めを処方しておりますのでご自宅で安静にしてただければ問題ありません。

Q. 仕事はいつからいけますか?

脂肪吸引する部位にもよります。デスクワークなど軽度なお仕事であれば翌日でも大丈夫かと思いますが、2~3日は自宅安静をおすすめします。

Q. リバウンドしないというのは本当ですか?

脂肪吸引は、脂肪細胞ごと吸引するので吸引部位が太ることはありません。しかし、体重キープしない限り他の部位が太ることがあります。

Q. ダウンタイムに自分でできることはありますか?

術後のセルフケアでダウンタイムを短くすることが可能です。
痛みや腫れがある場合は、アイシングをして患部を冷やしてください。(術後~3日)
抜糸を行った1週間後は以下の身体を温めるケアが効果的です。
マッサージは、リンパの流れを良くするので内出血やむくみを改善します。
入浴は、血行を良くすることで患部への酸素や栄養の供給を促進し拘縮の改善が見られます。


■最近閲覧したページ 
脂肪吸引 

page up