ハムラ法・裏ハムラ法・ミッドフェイスリフト 新宿の美容外科ルクスクリニック

美容外科
ハムラ法・裏ハムラ法・
ミッドフェイスリフト

当院のハムラ法、裏ハムラ法について

目の下の膨らみや、その膨らみの下の窪みを改善する治療です。

眼球とその周囲の骨の間のスペースを眼窩と言います。
眼窩は眼窩脂肪という脂肪で満たされています。
眼窩脂肪による下まぶたの膨らみは、年齢とともに徐々に目立ってきます(若くても目立つ方もいらっしゃいます)

これは、年齢とともに、眼窩と下まぶたを隔てている眼窩隔膜が薄く伸びてきてしまい支持力が低下することと、眼窩のへりの骨が萎縮して眼球と骨の間の隙間が広がってくるからです。
つまり、年齢とともに誰でも下瞼のふくらみは悪化し、その下のくぼみも悪化してきます。

「裏ハムラ法」「ハムラ法」は、眼窩からはみ出して膨らみを作っている脂肪を、その下の窪みに移動させることによって、目の下の膨らみや窪みを同時に改善させる治療です。
自己の脂肪を使うためアレルギーの心配もなく、他の部位から吸引した脂肪を注入するのと違いしこりの心配も有りません。

ハムラ法、裏ハムラ法の治療方法

ハムラ法は下まぶたの表側(まつげの生え際に一番近いシワ)を切開しますが、裏ハムラ法は結膜側を切開しますので、皮膚側に傷が出来ません。
表面のシワやたるみの有る方は、皮膚を切開するハムラ法を行うと余分な皮膚も切除できるメリットがあります。
傷跡もまつ毛の生え際ギリギリのシワに重なり目立ちませんので、こちらがおすすめです。

シワやたるみがあまり目立たず膨らみだけが気になる方は裏ハムラ法がおすすめです。
裏ハムラ法は術後の腫れが少なく、自然な仕上がりとなりますので、下まぶたにたるみやシワが無い方であれば、多くの方にご満足いただいております。

脂肪注入に抵抗のある方、持続力のある治療をお望みの方はこちらがおすすめです。

ハムラ法、裏ハムラ法は
こんな方におすすめ

  • 目の下の膨らみ(クマ)が気になる
  • 目元の老けた印象を治したい
  • 効果を長持ちさせたい
  • 将来の目の下の老化を予防したい

治療概要と注意事項

治療概要

治療時間 裏ハムラ法 約90分
ハムラ法 約120分
抜糸 裏ハムラ法 抜糸なし。
ハムラ法 術後5日~7日
シャワー・入浴 シャワーは裏ハムラ法 当日から可能です。
ハムラ法 24時間後から可能です。
入浴は1週間後から可能です。
洗顔・メイク 裏ハムラ法 当日から可能です。
ハムラ法 アイメイク以外は翌日可能です。
アイメイクは抜糸翌日から可能です。
コンタクトレンズ 48時間後から使用可能です。
腫れ 1週間程度で引いてきますが、完全に落ち着くまでは1~3ヶ月かかります。
麻酔方法 局所麻酔、吸入麻酔、静脈麻酔

注意事項

  • 手術当日の車の運転は控えてください。
  • 激しい運動や飲酒は、腫れや内出血が長引く可能性がありますので、1~2週間はお控えください。
  • 妊娠している方は、手術を行うことができません。

当院のミッドフェイスリフトについて

若いころのうような頬の高さを取り戻すフェイスリフトです。

解剖学では顔面を『上顔面』『中顔面』『下顔面』に分けます。
このうち目尻の高さから鼻の高さまでが中顔面で、この場所のリフトアップ手術がミッドフェイス(mid face, 中顔面)リフトです。

中顔面にはメーラーファット(malar fat)という皮膚のすぐ下の浅い層の脂肪と、SOOF(sub-orbicularis oculi fat, 眼輪筋下脂肪)という頬骨のすぐ上の深い層の脂肪があります。

お顔には、表情筋とその間を繋ぐ筋膜からなるSMASというお顔全体におよぶ大きな膜があります。
中顔面では、メーラーファットとSOOFがSMASの表裏に接しています。

加齢により、メーラーファットとSOOF両方の脂肪は減少し、垂れ下がってきます。
加えて皮膚が弛む事で、ゴルゴ線や法令線が目立ち、老けた印象になります。

ミッドフェイスリフトの治療方法

当院のミッドフェイスリフトは。SOOF composite liftという方法を用いています。
これは、SOOFの下で剥離をし、SOOF、SMAS、メーラーファットを一塊にリフトさせる事で強い効果を生み出す方法です。
顔面中部からたるみを引き上げますので、鼻唇溝の改善や口角の吊り上げにも効果があります。

治療概要と注意事項

治療概要

治療時間 約150分
抜糸 術後5日~7日
シャワー・入浴 シャワーは当日から可能です。入浴は抜糸翌日から可能です。
洗顔・メイク 患部以外は翌日から可能です。患部は抜糸翌日から可能です。
コンタクトレンズ 48時間後から使用可能です。
腫れ 1~2週間程度で腫れは引いてきますが、傷が完全に落ち着くまでは3ヶ月~6ヶ月かかります。
麻酔方法 局所麻酔、吸入麻酔、静脈麻酔

注意事項

  • 手術当日の車の運転は控えてください。
  • 激しい運動や飲酒は、腫れや内出血が長引く可能性がありますので、1~2週間はお控えください。
  • 妊娠している方は、手術を行うことができません。

当院のハムラ法、裏ハムラ法、ミッドフェイスリフトの特徴

1.傷跡へのこだわり

傷跡の仕上がりに細心の注意を払うだけでなく、美しさの持続期間にもこだわっています。
繊細な手術を可能にする微細な器具を駆使しており、内出血をや組織の損傷を最少にするためオプション料金なしで全例にRFメスを使用いたします。

RFメス
【RFナイフならではの微細な切開・凝固】

過剰な熱変成が抑えられ、組織損傷の少ない微細な切開・凝固を可能にします。

【RFナイフは焦げにくい】

一般的に細胞の蛋白質は、60~100℃程度で組織凝固が発生し、90~110℃以上で蒸散(切開)が起こると言われています。
サージトロンは、4.0MHzの高い周波数により、より少ない出力で狭い範囲に熱を集中させることができます。
短時間の温度上昇を生み出すことで、炭化組織を少なく抑えることができます。

【RFナイフだから安心】

1989年のサージトロン発売以来、対極板による熱傷事故の報告はありません。

2.痛みへのこだわり

エクスパレル

当院では術後の痛みを極力抑えるために、術後72時間痛みを抑える「エクスパレル」という麻酔をご用意しております。
「エクスパレル」を使用することで、痛みが最も出やすいとされる、手術後72時間の痛みを抑えることができます。

「エクスパレル」は、米国PACIRA社製で2011年にFDA認証された局所麻酔です。
有効成分をリポソームと呼ばれるナノカプセルに含有する事で少しずつ薬剤が放出され、鎮静効果が72時間持続します。

治療の流れ

1.ドクターカウンセリング

患者様のお悩み、ご希望の形や大きさを詳しくお聞きいたします。
よくわからない方へは、経験豊富な医師からの最適なご提案も行います。
ご希望の方へはお写真でもシミュレーションを行い、術後の状態を前もってご確認いただくことができます。
ご納得いくまでしっかりご相談ください。

2.手術日の決定

カウンセリング後、手術をお決めになりましたら、ご都合の良い日時をご予約いただきます。
ご遠方や来院回数をなるべく減らしたい方へは、予めご予約時にご相談頂けましたらカウンセリング当日の手術も可能です。お気軽にご相談ください。

3.デザイン

カウンセリングでご相談した通りに手術用ペンで印をつけます。そのマーキング印も再度ご確認いただけます。

4.麻酔

当院はお痛みを極力感じないようにするために、静脈麻酔をご用意しております。
静脈麻酔に抵抗がある方には、吸入麻酔もございます。
静脈麻酔中に局所麻酔を行いますので、お痛みは全く感じません。

5.治療

当院ではオプション料金なしでRFメス(高周波メス)を使用し、しっかり止血いたします。
出血が少ないと腫れや痛みを抑えられ、早く治ります。

6.術後

術後は痛み止めを飲んでいただき、少しお休みいただいたあとお好きなタイミングでお帰りいただけます。

よくある質問

Q. 下まつげが生えてこなくなることはありませんか?

まつげの毛根が傷つかないギリギリのラインを切開しますので、まつげが生えてこなくなることはありません。

Q. 傷跡が分からない裏ハムラ法のほうが良いように思えますが、デメリットもあるのですか?

結膜側から切開するため傷跡は目立たず、ダウンタイムも比較的短いのが裏ハムラ法の特徴ですが、皮膚のたるみが多い方には適していません。脂肪を移動させることで余分な皮膚がたるみ老け込んだ印象をあたえます。

Q. 他院で手術したことがありますが修正は可能ですか?

まずはどのような手術をしたのかを診断した上で、どのような治療が可能かを見極めます。ハムラ法は正しいお顔の構造の知識と適切な手術を行う技術が必要です。きちんとした処理をされていない場合、満足いく結果に結びつかないことも多い治療です。まずはご相談にいらしてください。


page up