GLP-1 新宿の美容外科ルクスクリニック

美容皮膚科
GLP-1ダイエット

GLP-1とは

GLP-1ダイエットは、自宅で手軽に出来る医療ダイエットです。1日1回自宅で注射をするだけで、食欲を抑制し痩せやすい体をつくります。
時間をかけての運動や、空腹を我慢しながらのツライ食事制限をすることなく、安全に痩せることが可能です。

GLP-1 = 痩せホルモン

GLP-1は、食事をすると腸管から分泌され、すい臓のβ細胞にあるGLP-1の受容体に働きかけて、血糖値のコントロールを司るインスリンの分泌を促す働きがあります。
GLP-1が別名痩せホルモンと呼ばれるのは、GLP-1が分泌されると無理なく食欲が抑えられ、さらに満腹感まで得られるからです。
このことで、自然と食事の量を控えることができるようになるため、間食をしたい気持ちも減っていくのです。

ただし、自然に分泌されるGLP-1の量は、人によって個人差があります。
GLP-1の分泌量が多い人は、食欲が抑えられるため脂肪が分解しやすく痩せやすいのですが、GLP-1の分泌量が少ない人は、食欲が抑えきれないため、食べすぎてしまうことが多く太りやすくなります。
食べすぎなければ痩せるということを理解していても我慢出来ない方は、GLP-1の分泌量が少ないのかもしれません。

GLP-1の分泌量が多い人と比べ、分泌量が少ない人は、もともと痩せにくいだけではなく、食べることを我慢すること自体がつらく苦しいことなのですが、
GLP-1を1日1回注射することで、分泌量の多い方と同じ状態を作ることができるようになるため、分泌量の少ない方でも我慢することなく、ダイエットすることが可能になります。

GLP-1の効果

自然に食欲が落ちる

GLP−1は、脳の満腹中枢に働きかけ、食欲を自然に抑えてくれます。
お腹に入った食べものがゆっくりと消化されるため、食間に空腹感を感じにくくなります。
胃腸での消化・吸収が穏やかになるため、少量の食事で満足感を得られるようになり、食べ過ぎも防ぐことができます。
食欲が落ちることで摂取カロリーが減るため、緩やかに体重が減少します。

ストレスなく痩せられる

食べてはいけないものがあったり、カロリー制限を設けたり、無理な食事制限を意識的にする必要はありません。
また、1日1回注射をするだけですので、『運動をする時間がとれない』『もともとハードな運動は好きではない』といった方でも楽に続けることが可能です。

太りにくい体質へ

GLP-1を続けることで、体内のGLP-1の濃度が上がりやすくなり、無理なく太りにくい体質を得ることができます。
体質から改善できるので、リバウンドもしにくくなります。

落ちにくい内臓脂肪対策にも

レーザーや脂肪吸引などで落とせるのは皮下脂肪であり、内臓脂肪までは落とせません。
内臓脂肪を落とすためには、運動や食事によるダイエットが必要です。
GLP-1には、脂肪分解と熱産生を促進する作用があるので、内臓脂肪の燃焼を促し基礎代謝が向上します。

当院のGLP-1ダイエットについて

当院で扱っているGLP-1は
サクセンダです。

肥満治療のために食餌療法および運動療法の補助剤として米国食品医薬局(FDA)、ヨーロッパ医薬品許可当局(EMA)、食品医薬品安全処(MFDS)の承認を受けた副作用が少ない安全な食欲抑制剤です。
サクセンダは血糖値を下げるホルモンであるインスリンの分泌を血糖値に応じて促進させ、同時に血糖値を上げるホルモンであるグルカゴンの分泌を抑制する効果があります。

GLP-1の注射には、専用の針を使用します。
針は32Gで髪の毛程度の細さですので、刺しても痛みはほとんどありませんし、注射跡も残りません。(まれに内出血が起こることはあります。)
※仕様後の針は当院にて処分いたしますので、ご来院の際にお持ちください。

GLP-1ダイエットはこんな方におすすめ

  • 痩せたいのに食欲を抑えられない
  • 決まった食事だけでは足りず間食や夜食が多い
  • 痛みやダウンタイムのない治療が良い
  • 内臓脂肪が気になる
  • なかなかダイエットに成功できない

GLP-1の使い方

STEP 1

サクセンダ本体のキャップを外します。
先端のゴムの部分と注射する部位(お腹など)をアルコール綿で消毒します。

STEP 2

針の紙蓋を剥がし、サクセンダ本体の先端にくるくると回しながら装着します。

STEP 3

針のキャップを外します。2つ付いていますので2つとも外してください。
キャップは廃棄する際使用しますので、捨てずにお持ちください。

STEP 4

サクセンダのダイヤルをご自分の使用量まで回します。

STEP 5

注射部位をつまみ、針を刺しダイヤルが0mgになるまでボタンを押します。
ボタンを押し終わってもすぐには針を抜かず、6秒ほど待ちボタンを押したまま針を抜きます。

STEP 6

注射が終わりましたら針のキャップを2つとも戻し、廃棄用の袋に別に取っておきます。

治療概要と注意事項

注意事項

  • 嘔気、嘔吐、食欲不振、胃のむかつき、倦怠感などを感じることがあります。
  • 吐き気はサクセンダを始めた初期に起こりやすく、体が薬に慣れてくると次第になくなっていきます。
  • サクセンダは他のGLP-1受容体作動薬と併用しないでください。
  • サクセンダとインスリンを一緒に使用しないでください。
  • 妊娠中、授乳中はサクセンダは使用しないでください。
  • 必ず医師の指示に基づいて使用してください。

よくある質問

Q. 副作用はありますか?

使い始めの時には、胃部不快感や吐き気、下痢、便秘といった副作用が現れやすいです。時間の経過とともに改善されますが、続くようであればクリニックへご連絡ください。

Q. 自分で注射するのが怖いです。使用方法を指導してくれますか?

初めて使用する際は、必ずクリニックにて使用方法の指導や注意事項のご説明をしております。心配ごとやご不明な点はお気軽にご質問ください。

Q. 糖尿病でもないのにインスリンを打っても良いのですか?

糖尿病患者に処方されるインスリン製剤はインスリンそのものを補います。GLP-1注射は単独で使用する場合低血糖を起こしにくくするだけでなく、食欲を抑える作用があります。


■最近閲覧したページ 
GLP-1ダイエット 

page up