エランセ 新宿の美容外科ルクスクリニック

美容皮膚科
エランセ

コラーゲンを生成し続け、若々しいお肌を長期間持続させるエランセ

エランセ(ELLANSÉ)は、ヒアルロン酸などと同じように、シワやくぼみなど気になる部位にピンポイントで注入して、ボリュームを出す目的で使うこともできますが、別名「コラーゲンブースター」とも呼ばれているように、「コラーゲン生成を促す作用」で使われることが多い、というのが大きな特徴です。
効果の持続性と安全性を兼ね備えた新しいタイプの注入剤で、ヒアルロン酸よりもキープ力する期間が長いため、頻繁に再注入を行う必要はありません。

また製剤は、基材のCMC(カルボキシメチルセルロース)70%と手術時に使用される溶ける糸の成分でもあるPCL(ポリカプロラクトン)30%から出来ていますので、最終的には、注入した部位のボリュームをある程度維持したまま、100%生体吸収されます。

ヒアルロン酸と異なり、エランセを分解する薬剤はありませんので、仕上がりに満足出来ない場合も自然に吸収されるまで待つことになります。
どうしても忙しく何度も来院出来ない方や何度かヒアルロン酸注入を行って注入の雰囲気を掴んでいる方などにおすすめします。4種の製剤を使い分けることで(S.M.L.E)吸収スピードを1年~4年の間で調整することができますが、不安のある方は、持続期間の短いエランセSから始めるのが良いかと思います。

《お肌に直接注入、コラーゲンがどんどん増えてプルプルの潤い肌へ》

エランセはこんな方におすすめ

  • お肌にハリをだしたい
  • しっかりした持続効果のある治療をしたい
  • 目もとの小ジワを改善したい
  • 首や手を若々しく見せたい

エランセの特徴

エランセは、米国FDAと欧州CEマークを取得した注入剤です。
ヒアルロン酸のような弾力のあるゼリー状とは違いサラサラした液状なのですが、注入した製剤は、移動せずに目標部注入部位に留まるため、シワの改善に高い効果を発揮します。

エランセを注入した部分では、線維芽細胞が活性化され、コラーゲンが増えはじめます。
効果はおおよそ3カ月後からあらわれるとされており、一度ボリュームが減ったあとに肌のハリが出てきます。注入された製剤は、体内に100%完全吸収されるため、異物が体内に残ることはありません。
エランセには麻酔薬が含まれていますので、注入時の痛みもほとんどありません
エランセと同じPCL製剤に【ミラクルH】があります。PCL20%とヒアルロン酸が入っている注入剤で、エランセ同様コラーゲンブースターとも呼ばれています。

併用すると良い治療として、ヒアルロン酸注入ベビーコラーゲン糸リフトなどがあります

ヒアルロン酸よりずっと長い持続効果

ヒアルロン酸との大きな違いは長期的な持続期間です。
エランセは4種類ありますが、違いは合成PCLの分子連鎖で、持続期間が異なります

  PCLの吸収 新生コラーゲン効果
type S 9ヶ月程度 約1年持続
type M 1年半程度 約2年持続
type L 2年半程度 約3年持続
type E 3年半程度 約4年持続

分子が大きいほど吸収分解されるスピードがゆっくりなので効果が長時間持続します。

コラーゲン生成を促し肌の弾力やハリを取り戻す

PCLが正常代謝で完全吸収される一方で、その周囲にコラーゲン新生を促すため、更にハリ感がアップしていきます。
ハリや弾力が戻ることで肌が潤い、その結果シワやたるみなどが目立たなくなり、肌質を根本から向上ることができます。
通常のヒアルロン酸と違い、自身のコラーゲン増殖で肌の弾力が生まれ若々しさが持続します。

完全に体内に吸収される安心素材

形成外科などの医療現場で使用される溶ける糸PCLを細かい球状にした成分を使用しています。
PCLはポリカプロラクトンと呼ばれる生体吸収性医療用ポリマーで、体内で自然に吸収される安全性が確立された素材です。
化学構造を見ると、H(水素)、C(炭素)、O(酸素)で構成されており、体内で吸収・排出されます。
その際に、線維芽細胞を刺激してコラーゲンを生成させます。
ただし、ヒアルロン酸と違い溶解注射などで溶かすことができないため、注入治療を初めて行う患者様にはおすすめしていません。

治療の流れ

1.ドクターカウンセリング

ドクターによる診断、カウンセリングを行います。
患者様のご希望をお伺いした上で、治療方針をお伝えし、具体的な治療方法やリスクなどをご説明いたします。
ご不明なことや不安などがございましたら、ご納得いくまでご相談ください。

2.洗顔・麻酔

事前に洗顔してメイクを落としていただきます。
麻酔は、ご希望に応じて行います。

3.治療

エランセを注入していきます
製剤自体が水のようにサラサラなので、細かく注入することで効果を高くします。

4.ご帰宅

注入後は、すぐにご帰宅いただけます。
注射のため、針の小さい跡が残りますが自然と消えてなくなります。

治療概要と注意事項

治療概要

治療時間 15分程度
痛み 個人差はありますが、我慢できる痛みです。痛みの弱い方には麻酔のご用意もございます。
ダウンタイム 処置部位に腫張・発赤・内出血・疼痛・掻痒変色・硬化・しこり及び圧痛など、注入に伴う一般的な症状が現れることがあります。
シャワー・入浴 シャワーは当日可能ですが、入浴は翌日から可能です。

注意事項

注入当日は、アルコール摂取を控え、激しい運動やサウナなどは避けてください。
注入部位のマッサージはお控えください。

下記の事項に該当している方は、注意が必要です。

  • 妊娠中、授乳中の方は麻酔の制限があります。
  • 抗凝固剤を服用の方は、事前にお申し出ください。

よくある質問

Q. 副作用はありませんか?

手術でよく使用される医療用の溶ける糸を成分として作られた製剤なので、人体に無害でアレルギーの心配もありません。

Q. ダウンタイムはありますか?

注入なので、針の跡が残りますがメイクでカバーできる程度です。稀に内出血は腫れが出ることがありますが数日で落ち着きます。

Q. ヒアルロン酸のように注入後に溶かして戻すことはできますか?

残念ながら、エランセを溶解する薬液はありません。自然に吸収されるのを待つことになります。注入治療が初めての方にはあまりおすすめしません。

Q. 痛みはありますか?

注射なので針を刺す時の痛みはあります。痛みに敏感な方には麻酔を使用いたしますのでご安心ください。


■最近閲覧したページ 
エランセ 

page up