デリケートゾーンの黒ずみ 新宿の美容外科ルクスクリニック

婦人科形成
デリケートゾーンの黒ずみ

デリケートゾーンの黒ずみとは

黒ずみの要因として大きいのは色素沈着です。
キツめの下着による締付け、入浴時にゴシゴシ洗いすぎる、排尿排便後の荒いふき取り行為、無理なセルフ脱毛、肌に合わない生理用ナプキンの使用などで摩擦が起こったり、ホルモンバランスの乱れ、加齢や不摂生によるターンオーバーの遅れなどで、小陰唇、大陰唇、足の付根、お尻などに肌の黒ずみを招くことがあります。
何もケアをしていない場合、ほとんどの方に黒ずみが発生しています。

あまり目にすることのないデリケートゾーンですが、いざというときの見た目は気になるものです。
デリケートゾーンの色味には個人差がありますので、生まれつき濃い方も年齢を重ねても肌の色に近いままの方もいらっしゃいます。
ただやはり、黒ずんだ女性器よりもキレイな色の女性器でいたい。というのが女心です。
体に影響するものではありませんが、見た目をよくしたい。という方には、効果が早く負担の少ないケミカルピーリングがおすすめです。

ケミカルピーリングとは

ケミカルピーリングとは、代謝の悪くなってしまった肌に薬剤を塗布し、表皮の古くなった角質を化学的に融解して、剥離、除去し、肌を生まれ変わらせる治療法です。
酸には、代謝の低下している肌の角質と角質の接着をゆるめ、古い角質をはがれやすくする働きがあります。
この作用を活かし、メラノサイトが原因の黒ずみ、若々しさやハリの喪失などのデリケートゾーンのお悩みを改善します。
ケミカルピーリングはお顔の治療は多いのですが、当院では、大陰唇、肛門周囲、足の付根、お尻など、気になる部位の黒ずみ改善にも使用しています。
当院のケミカルピーリングの薬剤は、医療機関のみが使用できるものを扱っていますのでどうぞご安心ください。

治療概要と注意事項

治療概要

治療時間 30分程度
シャワー 当日から可能
入浴 当日から可能
性交 当日から可能
通院 特に必要ございません

よくある質問

Q. 生理中でも手術を受けられますか?

止血の確認ができなくなるため、生理中の手術はお控えください。

Q. 仕事は普段どおりできますか?

お仕事は翌日から可能です。ただし、水に浸かるようなお仕事(スイミングスクールやダイビングの講師など)の場合は、1週間程度お休みをすることをおすすめします。
また、日常生活でも激しい運動や、手術部位に負担のかかるような自転車・バイクの運転などは、1週間~2週間程お控えください。

Q. ピーリングは何回受ければいいですか?

黒ずみの状態や体質、希望の皮膚感などにより個人差はありますが、最低でも3回~5回程度の治療をおすすめします。
一度改善したあとも定期的に続けることで、美しい見た目を長期的に持続することができます。

Q. ピーリングはどのくらいおきに受ければよいですか?

最低でも1ヶ月は間隔をあけていただくことをおすすめします。

Q. 未成年でも手術はできますか?

未成年者同意書をご記入いただき、保護者の同意が確認できれば手術できます。ただしカウンセリングは 原則として保護者の方とご一緒にお越しください。


■最近閲覧したページ 
デリケートゾーンの黒ずみ 

page up