クリトリス・副皮 新宿の美容外科ルクスクリニック

婦人科形成
クリトリス・副皮

クリトリス(陰核)包茎とは

クリトリス(陰核)とは、小陰唇の上部にある突起した部分のことで、男性でいうと亀頭の部分にあたる器官です。
海綿体から出来ており、大きさは粒大から小指先大くらいまでと様々ですが、性的興奮によって勃起します。
クリトリス(陰核)は、男性のペニスと同じく包皮で覆われています。
このクリトリス(陰核)を守るように覆いかぶさっている包皮をクリトリス(陰核)包皮といいます。
クリトリス(陰核)包皮と小陰唇は繋がっているため密接に関わってきます。
小陰唇が肥大している場合は、クリトリス(陰核)包皮も余ってしまっていることが多くあります。

クリトリス(陰核)包皮は、覆いかぶさっている状態が正常であるため、必ずしも手術が必要なわけではありません。
また小児のころは包皮で覆われているのが普通で、成長すると剥けてくるため、普段から露出した状態の人もいれば、性的興奮をした時だけ剥ける人もいます。
手で剥くことのできる人は仮性、剥けない人は真性のクリトリス(陰核)包茎と診断します。
大体全体の3分の1から3分の2程度露出できれば問題ありません。
包皮が大きすぎても小さすぎても問題となることがあるため、本当に手術が必要な状態であるかは、医師の診断を受けるのが良いと思います。

クリトリス(陰核)包茎の症状

包皮内に恥垢が溜まる

包皮部分はポケットのようになっているため、通常の状態であっても恥垢(アカ)がとても溜まりやすくなっています。
クリトリス(陰核)包茎があるとポケットが深くなり、さらに汚れがたまりやすく、生理の経血やおりもの、排尿時に汚染されやすい環境となります。
恥垢が溜まると感染や臭いの原因となりますので、清潔に保つようにしましょう。
また、仮性のクリトリス(陰核)包茎であっても、長年恥垢を放置してしまうと亀頭とクリトリス(陰核)包皮が癒着をおこし、炎症の原因となったり、真性のクリトリス(陰核)包茎に発展したりすることもあるので注意が必要です。

感度が悪くなる(不感症)

クリトリス(陰核)には神経が集中しているため、刺激や興奮で勃起状態となり、女性の性感を高める重要な役割をします。
クリトリス(陰核)包茎がある場合は、勃起状態となっても包皮が覆いかぶさったままの状態であるため、刺激を受けにくく不感症の原因となってしまいます。

性交時に支障がでる

クリトリス(陰核)包茎があると臭いが気になったり、性交渉(セックス)の時に臭っているのではないかと心配になり、積極的になれないなどの悩みがでてきます。 また、パートナーに不感症を疑われたり、自分でも性的快感を得にくかったりするという悩みもでてきます。

当院クリトリス(陰核)治療の特徴

1.縫合へのこだわり

当院では、外縫い、中縫い(インスィーム法)の両方を採用しておりますので、お好きなほうをお選びいただけます。

(2種類の縫合の断面イラスト)

女性器のような柔らかく脆い組織の縫合では、外縫いであっても中縫いであっても、傷跡を目立たなくするためには、高い縫合技術と経験が必要です。
どちらの方法でも技術不足な医師が行えば、傷あとは汚くなります。

傷あとの美しさは糸によるものではない

傷あとが残るかどうかは糸の種類によるものと誤解されている方がいらっしゃいますが、ほとんどは縫合技術によるものです。
当院では、溶ける糸でも溶けない糸でも糸の種類に関わらず、傷あとが残らないようにキレイに縫合する事が可能です。
特にこだわりのない方へは、糸の刺激が極力少ない糸を使用いたします。

術後直後から美しい仕上がりのインスィーム法

外縫いで縫合した方が手術の手間が掛からず、短時間で終わりますが、当院では、皮下・粘膜下を吸収糸(溶ける糸)で縫う「インスィーム法」を強くおすすめしております。
この方法ですと、表面には糸が出ることは全くありませんし、術後直後から見た目も美しい仕上がりです。

一針ずつ結び目を作る結紮縫合ではなく、連続して縫い合わせる連続縫合を用いることで、結び目により表面がデコボコになるのを防ぎます。
また、外陰部は感染が生じ易い場所なのですが、インスィーム法であれば表面に糸が出ることがありませんので、糸を通じて細菌が入り込むことで生じる感染を抑えることが可能と考えております。

副皮はとても柔らかい組織なので、切除・縫合とも高い技術が必要です。
当院院長は、インスィーム法での手術を非常に多く経験しておりますので、手術技術の細かなところにまで精通しております。

※外縫いをご希望の方には、外縫いも対応しております。
外縫いも傷跡が分からないように綺麗に仕上げますので、安心してご相談ください。

多くの後輩医師を指導してきた経験から、多数の経験なしには綺麗な縫合はできないと考えております。
当院では、技術力の高さからどのような方法でも、傷が分からないように丁寧に縫合いたしますので、どうぞご安心ください。

術後の排尿時の痛みを軽減

粘膜下・皮下を縫合した後は、仕上げとして外科手術用ボンドを用いております。
ボンドに関しては誤解されることもあるのですが、本来は傷の表面だけをコーティングする様に用いるもので、断面どうしを貼り合わせるものではありません。

当院では、皮下・粘膜下の縫合を極めて緻密に行うことで、断面どうしをしっかりと密着させますので、傷の間にボンドが入り込むことはありません。
術後の排尿時の痛みも、ボンドを用いることで大きく軽減されます。

※敏感肌や、アトピー性皮膚炎などの方はボンドにより痒み・肌荒れなどが生じる事が多く、ボンドは使えません。
ご心配な方には、事前にパッチテストをさせていただきます(別途10000円)。

2.傷跡へのこだわり

RFメス
【RFナイフならではの微細な切開・凝固】

過剰な熱変成が抑えられ、組織損傷の少ない微細な切開・凝固を可能にします。

【RFナイフは焦げにくい】

一般的に細胞の蛋白質は、60~100℃程度で組織凝固が発生し、90~110℃以上で蒸散(切開)が起こると言われています。
サージトロンは、4.0MHzの高い周波数により、より少ない出力で狭い範囲に熱を集中させることができます。
短時間の温度上昇を生み出すことで、炭化組織を少なく抑えることができます。

【RFナイフだから安心】

1989年のサージトロン発売以来、対極板による熱傷事故の報告はありません。

3.痛みへのこだわり

エクスパレル

当院では術後の痛みを極力抑えるために、術後72時間痛みを抑える「エクスパレル」という麻酔をご用意しております。
「エクスパレル」を使用することで、痛みが最も出やすいとされる、手術後72時間の痛みを抑えることができます。

「エクスパレル」は、米国PACIRA社製で2011年にFDA認証された局所麻酔です。
有効成分をリポソームと呼ばれるナノカプセルに含有する事で少しずつ薬剤が放出され、鎮静効果が72時間持続します。

治療の流れ

1.ドクターカウンセリング

患者様のお悩み、ご希望の形や大きさを詳しくお聞きいたします。
よくわからない方へは、経験豊富な医師からの最適なご提案も行います。
ご希望の方へはお写真でもシミュレーションを行い、術後の状態を前もってご確認いただくことができます。
ご納得いくまでしっかりご相談ください。

2.手術日の決定

カウンセリング後、手術をお決めになりましたら、ご都合の良い日時をご予約いただきます。
ご遠方や来院回数をなるべく減らしたい方へは、予めご予約時にご相談頂けましたらカウンセリング当日の手術も可能です。お気軽にご相談ください。

3.デザイン

カウンセリングでご相談した通りに手術用ペンで印をつけます。そのマーキング印も再度ご確認いただけます。

4.麻酔

当院はお痛みを極力感じないようにするために、静脈麻酔をご用意しております。
静脈麻酔に抵抗がある方には、吸入麻酔もございます。
静脈麻酔中に局所麻酔を行いますので、お痛みは全く感じません。

5.治療

当院ではオプション料金なしでRFメス(高周波メス)を使用し、しっかり止血いたします。
出血が少ないと腫れや痛みを抑えられ、早く治ります。
切開方法はヒダの形や厚さを考慮し、豊富な経験から患者様の状態に最適な方法を選んで行います。

6.術後

術後は患部にナプキンかガーゼをあてていただきます。
個室にて30分程度ベッドでお休みいただき、異常な出血がないかなどを確認します。
問題がなければご帰宅いただきます。

治療概要と注意事項

治療概要

治療時間 20分~30分程度
シャワー 当日から可能
清潔を保ち感染を防ぎます
入浴 1週間目から可能
性交 2週間目から可能
通院 特に必要ございません
痛み 通常は2~3日程度痛みを感じますが、痛み止めの内服を行っていただきます
また当院ではエクスパレルをご用意しておりますので、エクスパレルご使用の方は痛みはほとんど感じません
出血 手術当日~3日程度は傷口からにじむような軽い出血があります
3日間はガードルでの圧迫をおすすめいたします
抜糸 外縫いの場合は7日目以降で抜糸が可能です
抜糸の痛みが心配な方は笑気ガス麻酔を使用できます
溶ける糸で外縫いを行なった場合は、抜糸をしなくてもいずれ糸は取れますが、抜糸したほうが早く傷が綺麗になります
インスィーム法の場合は抜糸は必要ありません
運動・プール・
温泉
術後1週間目から可能
麻酔方法 局所麻酔、吸入麻酔、静脈麻酔

注意事項

  • 手術をすることで腫れが発生します。
    また、内出血となるケースがありますが、時間の経過とともに治ることがほとんどです。
  • 手術直後は切開部分の赤みができ、目立たなくなるまでに時間がかかることもあります。
  • 術後1ヶ月経つ頃には見た目がかなり綺麗になりますが、まだ傷の硬さや時にピリついたり、違和感があります。
    そういった違和感が完全になくなり、完成するには3ヶ月から半年かかります。

同時に行うとよい手術

副皮切除手術

副皮とは

副皮とは、小陰唇と大陰唇の間の上方にある、小陰唇につながる皮膚のことで、全くない方やひだのように幾重にも重なっている方など個人差の多い部位です。
小陰唇肥大やクリトリス包茎がある場合、副皮も肥大していることが多いため、副皮が気になる方は、小陰唇縮小術やクリトリス(陰核)包茎手術と一緒に副皮切除術を行います。

副皮は見た目だけでなく、ひだの部分に恥垢(アカ)が溜まりやすいため、かゆみや臭いの原因となります。

副皮切除手術が必要な症状
  • 片側または両側に、小陰唇縮小の手術とともに切除したほうがよい程度の副皮がある
  • 片側または両側に、小陰唇縮小の手術には影響しない程度の副皮があるが、見た目をキレイにしたい
  • 小陰唇に問題はないが、副皮だけ肥大しているもの

小陰唇だけを手術で小さくした場合、手術前は目立たなくても手術をしてみたら副皮が目立つようになってしまった。ということもあります。
小陰唇縮小術を検討なさっている方は、副皮についても医師に相談されることをおすすめします。

治療時間 約10分
シャワー 当日から可能
入浴 当日から可能
性交 3日目から可能
通院 特に必要ございません
麻酔方法 局所麻酔、吸入麻酔、静脈麻酔

よくある質問

Q. 生理中でも手術を受けられますか?

止血の確認ができなくなるため、生理中の手術はお控えください。

Q. 仕事は普段どおりできますか?

お仕事は翌日から可能です。ただし、水に浸かるようなお仕事(スイミングスクールやダイビングの講師など)の場合は、1週間程度お休みをすることをおすすめします。
また、日常生活でも激しい運動や、手術部位に負担のかかるような自転車・バイクの運転などは、1週間~2週間程お控えください。

Q. 入院・通院は必要ですか?

入院の必要はありません。日帰りでお受けいただけます。縫合に溶ける糸を使用した場合は、抜糸の必要もありません。

Q. クリトリス(陰核)の手術をした後、感覚が鈍ることはありませんか?

術後すぐは感覚が一時的に鈍くなることがあります。時間とともに傷が癒え元の感覚に戻ります。

Q. 未成年でも手術はできますか?

未成年者同意書をご記入いただき、保護者の同意が確認できれば手術できます。ただしカウンセリングは 原則として保護者の方とご一緒にお越しください。


■最近閲覧したページ 
クリトリス治療 

page up