鼻中隔延長術 新宿の美容外科ルクスクリニック

美容外科
鼻中隔延長術

当院の鼻中隔延長術について

鼻中隔延長術とは、鼻尖を下げたり、少し高さを出したりする手術です。

鼻中隔とは、鼻腔(鼻のなかの空間)を左右に仕切る壁のことをいいますが、この壁の中にある軟骨を鼻中隔軟骨と言います。
この鼻中隔軟骨に様々な軟骨を移植してこの壁を延長し、鼻翼軟骨を縫いつけて固定するのが鼻中隔延長術です。
そのため鼻尖縮小術は必ず併用することになります。
延長するための軟骨を縫い付ける角度を調整することで、鼻尖を下げたり、少し高さを出したりすることが可能です。

鼻中隔延長術の治療方法

鼻中隔延長で使用する軟骨は以下のとおりです。

鼻中隔軟骨
鼻中隔にある軟骨をくり抜く様に切り出して使用します。
強度があり、曲がりが少ないので使用し易いのですが、本来の強度を保つために辺縁を1cmL字に温存する必要があるため、元々鼻中隔軟骨が小さい方では大きさが不足する事があります。
耳介軟骨
耳から軟骨を取ります。柔らかく元々少し曲がっているため、しっかり長さを出したい方には適しません。
鼻中隔軟骨+耳介耳珠軟骨
鼻中隔軟骨だけでは足りない場合に、耳からも軟骨を採取し使用します。
肋軟骨
もっとも強度があり一番長さを出すことが可能ですが、胸に4cm程度の傷ができます。

他にも、ヒト保存軟骨やブタ保存軟骨やPDS®  シートを用いる方法もありますが、これらを使用した場合、術後変形しやすく5年以内の再手術率が高いため、当院では使用致しませんし、おすすめもしません。

無理に延長しすぎると、皮膚から押される力に負けてしまい鼻先が曲がってしてしまいます。
このリスクを避けるためには、無理な延長を行わないことが大事です。

鼻中隔延長術はこんな方におすすめ

  • 鼻尖(鼻先)が上を向いている
  • 正面から鼻の穴が見えている
  • 豚鼻を治したい
  • 鼻が短い
  • 鼻尖と上唇間の距離が長い(鼻の下が長い)
  • 顔のバランスを整えたい

当院の鼻中隔延長術の特徴

1.傷跡へのこだわり

傷跡の仕上がりに細心の注意を払うだけでなく、美しさの持続期間にもこだわっています。
繊細な手術を可能にする微細な器具を駆使しており、内出血をや組織の損傷を最少にするためオプション料金なしで全例にRFメスを使用いたします。

RFメス
【RFナイフならではの微細な切開・凝固】

過剰な熱変成が抑えられ、組織損傷の少ない微細な切開・凝固を可能にします。

【RFナイフは焦げにくい】

一般的に細胞の蛋白質は、60~100℃程度で組織凝固が発生し、90~110℃以上で蒸散(切開)が起こると言われています。
サージトロンは、4.0MHzの高い周波数により、より少ない出力で狭い範囲に熱を集中させることができます。
短時間の温度上昇を生み出すことで、炭化組織を少なく抑えることができます。

【RFナイフだから安心】

1989年のサージトロン発売以来、対極板による熱傷事故の報告はありません。

2.痛みへのこだわり

麻酔

痛みに不安な方のために静脈麻酔をご用意しております。

麻酔針

局所麻酔は34G極細針を採用(針の細さ0.2mm)、痛みは最小限です。

腫れ

術後の腫れを最小限にするために、チューブをいれます。
ご希望の方には腫れを抑える内服薬をご用意いたします。

エクスパレル

当院では術後の痛みを極力抑えるために、術後72時間痛みを抑える「エクスパレル」という麻酔をご用意しております。
「エクスパレル」を使用することで、痛みが最も出やすいとされる、手術後72時間の痛みを抑えることができます。

「エクスパレル」は、米国PACIRA社製で2011年にFDA認証された局所麻酔です。
有効成分をリポソームと呼ばれるナノカプセルに含有する事で少しずつ薬剤が放出され、鎮静効果が72時間持続します。

治療の流れ

1.ドクターカウンセリング

患者様のお悩み、ご希望の形や大きさを詳しくお聞きいたします。
よくわからない方へは、経験豊富な医師からの最適なご提案も行います。
ご希望の方へはお写真でもシミュレーションを行い、術後の状態を前もってご確認いただくことができます。
ご納得いくまでしっかりご相談ください。

2.手術日の決定

カウンセリング後、手術をお決めになりましたら、ご都合の良い日時をご予約いただきます。
ご遠方や来院回数をなるべく減らしたい方へは、予めご予約時にご相談頂けましたらカウンセリング当日の手術も可能です。お気軽にご相談ください。

3.デザイン

カウンセリングでご相談した通りに手術用ペンで印をつけます。そのマーキング印も再度ご確認いただけます。

4.麻酔

当院はお痛みを極力感じないようにするために、静脈麻酔をご用意しております。
静脈麻酔に抵抗がある方には、吸入麻酔もございます。
静脈麻酔中に局所麻酔を行いますので、お痛みは全く感じません。

5.治療

当院ではオプション料金なしでRFメス(高周波メス)を使用し、しっかり止血いたします。
出血が少ないと腫れや痛みを抑えられ、早く治ります。

6.術後

術後は痛み止めを飲んでいただけます。

治療概要と注意事項

治療概要

治療時間 150分~240分
抜糸 術後1週間
固定 3日間 血腫を防ぐために1.2日チューブを入れます
シャワー・入浴 シャワーは、患部以外は12時間後から可能です。入浴は1週間目から可能です。
洗顔・メイク 患部以外は翌日から可能です。患部は固定が外れたら可能です。傷あとは抜糸後から可能です。
腫れ 1週間程度で腫れは引きますが、形が完成するまでには3ヶ月から半年かかります。
麻酔方法 局所麻酔、吸入麻酔、静脈麻酔

注意事項

  • 手術当日の車の運転は控えてください。
  • 激しい運動や飲酒は、腫れや内出血が長引く可能性がありますので、1~2週間はお控えください。
  • 妊娠している方は、手術を行うことができません。

よくある質問

Q. すぐに仕事に復帰できますか?

お仕事の内容にもよります。マスクをすることが可能であれば、差し支えない業務であれば翌日からでも問題ありません。

Q. 鼻をかむことはできますか?

約1ヶ月くらいは、やさしくかむようにしてください。

Q. 術後も痛みは続きますか?

術後72時間痛みを抑える「エクスパレル」という麻酔を使用しているので、最も痛みの出やすい時に鎮静効果を発揮します。


■最近閲覧したページ 
鼻中隔延長術 

page up